会社案内

ごあいさつ

当社は、小型卓上電卓が普及しはじめた昭和47年に電子部品総合商社として創業致しました。
当初は、電卓・CB無線・カーステレオなどの需要拡大に支えられながら、お客様とともに歩んで参りましたが、今、時代は大きく変化しており、円高等のさまざまなハードルを乗り越えながら、パソコン・携帯電話の普及からはじまったマルチメディア新時代へ発展し、同時に地球環境を考えたエネルギーロス・資源ロスの低減へと著しい変革の時代を迎えており、私たちエレクトロニクス業界も自動車産業と共に国際市場をリードする主要産業としてさらに発展を遂げ続けております。
このような環境の中にあって当社は、創業以来クライアントの皆様のニーズに的確にお応えすべく、全社員が一丸となって、さらなる業界の発展と地球環境の調和を目指し邁進する所存でございます。今後共変わらぬご支援とお引き立てを賜りますよう心からお願い申し上げます。

代表取締役社長 児玉行成

会社概要

商号京王電子株式会社 KEIO ELECTRONICS CO.,LTD.
所在地本社〒110-0015
東京都台東区東上野3丁目32番2号
TEL 03-3837-2301 FAX 03-3837-2308
E-mail
埼玉工場〒340-0014
埼玉県草加市住吉1丁目10番27号
TEL 048-920-2301 FAX 048-920-2308
E-mail
事業内容電子部品・電子機器の卸売及び印刷機械用周辺機器の製造・設計・開発
設立 昭和47年(1972年)5月
資本金6,000万円
代表者代表取締役社長 児玉 行成
従業員20名
決算期12月31日(年1回)
取引銀行三菱東京UFJ銀行 上野中央支店
みずほ銀行 稲荷町支店
東京シティ信用金庫 秋葉原支店

沿革

昭和47年(1972年) 5月電子部品及び電子機器の製造販売を目的として
東京都文京区湯島2-16-2に資本金1000万円で会社を設立
昭和51年(1976年) 5月台東区東上野3-1-10(本橋ビル)に移転
昭和61年(1986年) 7月本社を東京都台東区東上野3-32-2(広瀬ビル)に移転
平成15年(2003年) 8月印刷機械周辺機器(コマドリ等)の製造販売権を取得し
埼玉県草加市に〔埼玉工場〕を開設。
平成16年(2004年) 4月資本金を3000万円に増資
平成17年(2005年) 4月資本金を6000万円に増資
平成20年(2008年) 1月ISO14001認証取得

環境方針

基本理念

京王電子(株)は、地球環境問題が次世代以降にも及ぶ長期的な問題であることを認識し、健全な事業活動を通じて、社会、経済の発展と地球環境の調和を目指していきます。

「持続可能な発展」の実現に向けて、営業活動から生産、製品の納入まで一連の業務における環境負荷の低減を推進し、社会から信頼される会社であり続けるために、以下の環境方針に基づき、環境マネジメント活動を実施いたします。

基本方針

1.法の順守と環境保護

すべての活動において、環境関連の法律、規制、業界基準および当社が同意するその他の要求事項を順守するとともに、自然環境の保全を可能な限り配慮し、環境保護に努める。

2.マネジメントシステムの維持向上

ISO14001に適合した環境マネジメントシステムを維持向上する。

3.継続的改善

当社の活動、製品およびサービスの環境側面のうち、次の項目を環境マネジメント重点項目として取り組む。
(1)環境配慮型の製品と力量の向上を推進する
(2)部品・半製品・備品のグリーン調達を推進する
(3)廃棄物の節約減量をめざし、排出量の削減を推進する
(4)CO2排出量の削減に向け、省エネ活動の運用管理を推進する
(5)製品含有化学物質に関する要求事項の管理を推進する
(6)環境マネジメントシステムの改善を推進する

4.計画とレビュー

環境方針を、全社員に展開し、適用範囲のもとに環境改善の目的と目標を設定し、その達成状況を定期的に監視し、環境管理の見直しおよび維持向上に努める。

5.伝達と公開

環境方針を、全社員のみならず当社のために働く人々に対して教育および啓発活動を行い伝達する。尚、環境方針は、適切な形で社外にも公開する。

環境マネジメントシステムの適用範囲

(1)立地

京王電子(株)本社及び、埼玉工場の建物及び敷地
a)本社:東京都台東区東上野3-32-2
b)埼玉工場:埼玉県草加市住吉1-10-27

(2)対象者

京王電子(株)の全社員

(3)活動範囲

a)考慮すべき利害関係者(地域住民、行政、顧客、仕入先、従業員)
b)「電子部品・電子機器の卸売及び印刷機械用周辺機器の製造・設計・開発」の
    全ての活動及び製品 

JAB

totop